ミモザのイタリア生活:バックを盗まれる。。

ミモザのイタリア生活

ローマとブラティスラヴァを行ったり来たりしています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックを盗まれる。。

間抜けな私です(大汗)。
盗まれたといっても結局は私が一番いけなかったのです。

今朝はとても気持ちのいい天気で、小高い山の上にある街へ行き、木々の多い公園で電子辞書片手に新聞を読んでおりました。
持っていったのは小さなポシェット、新聞のみ。

木陰だと少々寒くなってきたこの頃。
日光が燦々とあたるベンチに座り新聞に没頭しておりました。
というのも、2007年にイタリアのペルーじゃで起こった殺人事件でアメリカ人女性(26歳)とイタリア人男性が殺人罪に問われていたのですが、昨夜無罪判決がでたんです。
無心に読んでいたら、そのうち直射日光で暑くなってきて、ベンチを変えました。

1時間ほど経ち、そろそろ帰宅しようと思ったら。。。
ポシェットがありませんでした(泣)。
最初いたベンチはすぐ鼻の先ほどの所。
そこにもありませんでした。。
よく考えて見ると、ベンチを変えた時にポシェットを持ってこなかったような気がします(バカバカ!)

1度ミラノ在住の頃カバンを盗まれたことがあり(この時は最初のピアスをあけるのに熱心にピアスを選んでました。ちょっとの隙を狙って盗まれてしまいました)、警察にゴミ箱を探したらカバンくらいは出てくるかもしれないというのを思い出し、公園中のゴミ箱を見て見ましたがありませんでした(大泣き)。

銀行カード2枚、VISAカード、健康保険証、障害者証明書、免許証、携帯電話など殆ど大事なものばかり入っており、普段小銭しか持ち歩かないのに、この日に限って郵便局へ150Euro振り込まないといけなかったので、財布には200Euro入ってました。

急いで帰宅してカードを止めようと思いましたが、念のため私の携帯に掛けてみると、、、

女性が出ました^^

なんでもポシェットを見つけて(どこで見つけたのか聞きそびれました)、届けようと私の自宅近所まで来ているとのこと。
ポシェットの中に封書も入っていて、それを見て届けようと思ったそうです。

ホッとしました。
自宅から出てすぐその女性と会うことができ、ポシェットは私の手に戻りました。
大不況の世の中なのに、心の温かい人もいるもんだ。。と感謝しました。

中身はというと、殆どそのままでしたが、200Euroのうち、50Euro足りませんでした。
それに免許証が見つからず。。
いつも財布に入れているのでなくなるはずはないのですが。
でもまぁ、やれやれです。
全てのものをまた一から揃えようとすると、とても大変ですしね。


ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
br_decobanner_20100325213945.gif にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
イタリア人の彼とローマに住んでいます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

トスカニーニ歌曲集

私の歌声がCDに収録されました!

FC2カウンター

にほんブログ村

楽天

楽天

げん玉

お小遣いサイト

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。