ミモザのイタリア生活:信じられない!1

ミモザのイタリア生活

ローマとブラティスラヴァを行ったり来たりしています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない!1

昨夜と今朝の洗濯機騒動でも常識のない人がいるもんだ!と信じられないようなことだったのですが、、、
またもや続けて2回も経験するとは。

今夜はカレーが食べたい!と思って、チューリッヒにある日本食品店へカレールーを買いに行きました。
チューリッヒに住む日本人は皆さんきっとご存知な日本人経営の日本食品店。

DSC05989.jpg

DSC05990.jpg

店内はこんな感じ。乾物、醤油、ソース、焼肉のたれ、豆腐、納豆、お菓子、冷凍食品、食器、炊飯器、折り紙などなど、それほど広くない店内に所狭しと置かれておりました。

隈なく食品を見て周ったあと、ふと棚にあるしば漬けに。。
(お米の右にある袋状のもの)
だいたい日本価格の2,3倍はするので覚悟はしていたものの、2.9スイスフラン。
しば漬けって100円ちょっとですよね。だいたい300円くらい?
しば漬けは大好きなのでまぁこんなものかと買おうとした瞬間。。

賞味期限3月17日

え~と。。
今日は4月じゃなかった、5月3日ですよね。
1ヶ月半も過ぎています。

お店の人(日本人の若い女性)に、
「賞味期限切れてますが。。」
「・・・」
「スイスでは賞味期限が過ぎても売っていいんですか?日本では賞味期限が切れたものは売りませんが」
「日本は知りません」(なんていう態度?)
「もう1ヶ月半も過ぎてるんですよ」
「ですからお安くなってます」
(絶句)

「賞味期限内のものもありますが」と。
(100円上乗せしたくらいのもので400円弱)

「他のアジア系のお店では、日本の食品を賞味期限が過ぎているにも関わらず売ったりしていることも知っていますが、日本人のお店では初めてです」
と言って出てきました。勿論買い物はしましたが。

ショックでした。。

イタリアでの中国人が経営しているアジア食品店では賞味期限が切れたのを平気で売っていたりします。ローマの中国人経営食料品店でも、1度ごま油を買おうとして1年前だったものがありました。
”これは返品にする”というので、取り寄せたいというと、いつになるか分からない。。と。
その後そのごま油はそのまま陳列台に戻されましたと思われます。
ミラノに住んでいた頃に行っていた中国人経営の食料店では日本食品の賞味期限の上から彼らが決めた賞味期限のテープが普通に張られて売られていました。

この日本食料品店も全然悪びれない態度で、賞味期限が切れたものを当然のように売っている。
安売りという文字もなければ、勿論賞味期限が切れているという表示もなし。
1日2日じゃないんですよ。
1ヵ月半。
まだまだ沢山残ってましたから、このまま売り続けるんでしょうか??
何ヶ月まで?何年先まで??

。。。

日本製品は安全で、技術も素晴らしく世界に誇れる。プライドだけは高いと思っていた。


何だかとても悲しかった。。


ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
br_decobanner_20100325213945.gif にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
イタリア人の彼とローマに住んでいます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

トスカニーニ歌曲集

私の歌声がCDに収録されました!

FC2カウンター

にほんブログ村

楽天

楽天

げん玉

お小遣いサイト

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。