ミモザのイタリア生活:Luzernへ観光^^

ミモザのイタリア生活

ローマとブラティスラヴァを行ったり来たりしています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luzernへ観光^^

先日の土曜にチューリッヒから列車で45分のLuzernへ行ってきました。
インターネットで調べたら、片道11.5スイスフランだったのですが、窓口で買ったら倍でした^^;
(こんなことならネットで買えばよかったと後悔。。)

あいにくチューリッヒは小雨が降っていましたが、彼の強い意志で決行となりました^^
どうせならお天気の方が。。とも思いましたが、来週の土日もどうやら雨予報。。仕方ないですね。

DSC06006.jpg

Luzerno駅

DSC06005.jpg

美しい~

DSC06011.jpg

カペル橋
14世紀前半に街の要塞として建設された、ヨーロッパ最古の木造橋だそうです。

DSC06019.jpg

内部の梁には、スイスとルツェルンの歴史物語や、街の守護聖人レオデガーとマウリツィの伝記などが描写されています。
残念ながら1993年の火事で大部分が焼かれてしまったそうですが、すぐに再建されたとか。
そのまま残っている部分もかなりありました。

DSC06030.jpg

橋を渡ったら丁度メルカートをやっていました♪
この路地は野菜、チーズ、サラミ、お花などの市。
DSC06050.jpg

シュプロイヤー橋。
1408年に街の要塞の一部として完成。1626~1635年にカスパー・メグリンガーによる67点の板絵”死の舞踏会”がくわえられた。

DSC06051.jpg

死神(骸骨)ばっかり描かれてました。
シュプロイヤー橋を渡ったら、こちら側にはアンティークや、フリーマーケットが開かれていました。
楽しい~♪

思いのほか風があり、彼は寒がって、Tシャツと厚手のトレーナーをゲットしました。
3フランと4フラン。いづれも値切った。

それから、銀であろうこれら。

DSC06158.jpg

おじさんに1つ2スイスフランと言われましたが、全部で15!と彼が言うと、すんなりとOK。
スイス人ってあまり交渉しないんですかね?
イタリアでは交渉しあって、お互いに納得がいったら交渉成立になるんですけどね^^
おじさん、売ってしまいたかったのかも?
数がちょっと半端ですが、デコレーション、綺麗です。


ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
br_decobanner_20100325213945.gif にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
イタリア人の彼とローマに住んでいます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

トスカニーニ歌曲集

私の歌声がCDに収録されました!

FC2カウンター

にほんブログ村

楽天

楽天

げん玉

お小遣いサイト

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。