ミモザのイタリア生活:復縁

ミモザのイタリア生活

ローマとブラティスラヴァを行ったり来たりしています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復縁

だらだらと書きなぐってしまいました。
個人的なつまらない文章で長文ですが、時間がある方だけどうぞ。

彼と別れてから4ヶ月半経ちました。
大喧嘩をして彼宅を出てきてしまったのは私。
それも彼ママとのストレスも大いにあり、彼もいろいろとストレスが溜まっており毎日喧嘩続き。。
あのままいたら、私の精神は壊れていたかもしれない。。
ひとまず冷却期間をおくにはよかったんですね。

彼宅を出て行く時は、よく考えろと言われたものの、彼ママに酷いことを言ってしまった手前、戻ってまた3人で暮らすことなんてとてもできないと思いました。
出て行く時点で別れたことになったわけです。

1ヶ月は地獄でしたね。
人と会わず、誰とも喋らず、TVもなく、泣いてばかりいました。
うつにならなかったのが幸いです。

すぐ帰国しようと思ってはいたものの、これで帰国してしまったら2度と彼とは会えない、復縁の可能性もゼロになってしまう。。と思ったら、なかなか動けないでいました。
自分から別れたものの、未練たらたらです。
だったらすぐに謝って戻ればいいと思いますが、またあの息が詰まるような3人暮らしが始まると思うと、とても勇気が出ませんでした。

将来の不安もあったし、せっかく勉強してきたことが全く生かされていなくて、このままでいいのだろうか、帰国して少なくとも勉強してきたことを生かせる仕事をしたほうがいいのではないだろうか。。とそれこそず~っと考えていました。
帰国するんだったら両親が元気な今のうちというタイムリミットもあったんです。
兄の世代になったら今まで通りには行かなくなるかもしれませんし。。

でもこの4ヶ月半、ひしひしと孤独を味わいましたね。
TVを買ったもののニュースくらいしか見てません。
静けさの中でいろいろなことを考え、これから先の自分の人生について。。
帰国して両親と暮らしたとしても、もう伴侶はできないだろう。
一生1人なのか。。と考えると、何だか世界中から見放されたような気分になって、夕方には特に憂鬱になっていました。
私の家族の愛情は感じますが、干渉しないタイプなので、自由にさせてくれていますが、それが反対に寂しいと感じてしまったり。。

人って誰とも話さない、コンタクトとらないでいるとおかしくなってしまうんじゃないかな?

1人になって、自分のやりたいことが自由にできるようになっても、それを一緒に分かち合う人がいないと張り合いがありませんね。。
今まで空気のようにずっと側にいた彼だけど、その存在だけで"凄く必要だったんだな”と思います。

彼と別れて、私からは電話はしても、彼からは1度もなし。
私は寂しくて、用事をみつけては電話していましたが、最初の1ヶ月くらいは、
”頻繁に電話してくるな!”と言われました。
”別れても友人になりたい”と言うと、”いますぐには無理”と断われ、暫くは毎日悶々と過ごしておりました。
2日に1度は彼の声を聞かないと、精神的に不安定になってしまいそうで。。
彼宅にいて喧嘩して精神不安定に、1人でいても精神不安定に。
困りますね(汗)。

・ほっておく
・電話、メールはしない
・連絡が来たときには応じる

彼は一環してこうでした。
お互いに別の道を歩み始めたんだから、誰か見つけろよと。
私は彼と別れた時点で、もう一生1人だろうという意識があったんですが、男は違うんでしょうね。

連絡を絶ったらそれまで。。という意識があった私は長い時で1週間、短い時で1日おきにメールか電話をしていました。(もちろん何か用事があったわけですけど)
最初は彼ママの血液検査の結果も教えてくれなくて(関係ないだろと。まぁそうなんですが、もしかしたら私と同じく腎臓が悪いんじゃないかと案じていたので、心配だったんです)、彼の近況も全く分からないままだったわけですが、時が経つにつれて彼の電話に出る声の表情が変わってきて、少しずつ教えてくれるようになりました。

1度彼のFacebookを見たら、元同僚では絶対ないであろう世界中の女性達から誕生祝いのメッセージが入っていて嫉妬してしまいました。嫉妬は自分でコントロールできないからと正直に言うと、何だか少し嬉しそうな様子で、ここあたりから、電話しても嫌がられなくなってきたようでした。

彼ママは順調に回復し、今は彼女の自宅でまた一人暮らしをしています。
もちろん買い物とかは彼がしているみたいですが、また元の暮らしになったわけです。
私が謝って戻りたいと言ったら。。。と口の先まで出ていながらも言えない。。

また喧嘩の毎日になってしまわないか?

喧嘩の原因をしっかりと見極めないといけませんよね。
今までの日記を見てみると、他愛もないこと。
殆ど細かすぎる彼の性格に対して、私の大雑把な性格が災いして喧嘩勃発!のケース。
それに私、パソコン依存症みたいになっていて、それこそ1日中パソコン弄っていたり。。
パソコンって、日記を書いたり、記事を読んだり、検索したり、動画を見たり、勉強したり、ゲームして遊んだり。。
沢山のことがパソコン1台でできてしまうので、自然と多くの時間をすごしてしまうんですよね。
夜は夜で政治番組に興味ない私は、日本のバラエティーなどを見てたりして。。
一緒に何かをして過ごすという時間が欠けていたんだと思います。
”ミモザはここにはいない、パソコンの中で暮らしてる”と言われたこともあります。
正直私もストレス一杯で、好きなことせずにやってられないというところがあって、好き放題という感じだったんでしょう。一種の引きこもりですね。パソコンの中に。。
今思えば十分に反省しています。

昨夜の話し合いで、お互いの気持ちを再確認してから、もう1度やり直すことにしました。

時間を忘れてしまうゲームは削除。1日2時間程度と決めて、代わりに家事+語学の勉強、ピアノ、歌の練習に精を出したいと思います。
これからは彼ママもいないし、彼と一緒に出かけることもできるでしょう。
彼ママといた5ヶ月、彼と出かけたのはたったの1度でしたから。

高齢な彼ママ、また具合が悪くなったら同居はやむを得ません。
これは仕方のないこと。
自分の親の面倒を見るのは当たり前ですから。
基本的には人の世話をするのは嫌いではありません。
ただ如何に精神的に落ち着いていられる環境作りができるかに掛かっているのかもしれません。

一緒に暮らしていた頃は、彼の方が愛情度が高かったのですが、別れたら全く逆転してしまいました。
別れたらスッキリするだろうと思っていたのに、思いは募る一方で。。
我侭だったんだと思います。
思うようにいかない、こんな些細なことで言う?と頭にきていましたが、”はい、はい”と言う事を聞いていればいいのよ、と亡くなった叔母が言っていたのを思い出します。
ただ単に自分を殺してと言う意味ではなく、全部を受け入れるという大きな愛情だったのですね。
今、気づきました。

復縁カップルの60%以上が3年以内に別れるそうです。
私たちはどこまで続くのか。
この冷却期間で、お互いに成長できたのか。
お互いに思いやって仲良くやっていけるのか。
その鍵は多分私が握っていると思います。


ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
br_decobanner_20100325213945.gif   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

Comment

よかったですね! 

はじめまして

福岡在住のものです。昨年6月スイスに夫と旅しました。

3年後にはイタリアへ行きます。(夫はNHKでイタリア語を勉強中です。)

ミモザさんの記事を参考に興味深く読ませていただきました。


彼と仲直り出来てよかったじゃないですか。(フクエンシタライイノニ…とずっと勝手におもっていましたよ。)

ミモザさんと彼の復縁おめでとうございます。

私もミモザさん見習ってダイエット頑張ります。

なかなかどうして・・・ふぅ

また遊びに来ますね。
  • posted by maria 
  • URL 
  • 2013.06/20 13:16分 
  • [Edit]

mariaさんへ 

mariaさん、はじめまして。
去年6月にスイスって、私もいましたよ♪
ニアミスだったんですね。どこかで見かけたりしたのかもしれません。

大喧嘩をした時に、彼ママに酷いことを言ってしまったせいで、彼はもう復縁は考えてないと思っていました。
”そんなことを言ってしまうなんて信じられない。そんな女とは一緒には暮らせない”と言ってましたから。

その時は私も精神状態が普通ではなかったので、仕方ないと言えばそうなのですが、また精神的に追い詰められるのではないかという不安が多いにあることは事実です。
精神修養ですね^^

今までで一番効果のあったダイエットと言えば、やはり食事半分ダイエットだったと思います。
食事の量を半分にするだけで、何を食べてもいいんです。お菓子も少しだったら食べてOKでした。
これはミラノ在住の日本人女医さんから提案されたものです。
これで1年間で10kg以上落とせました♪

コメント嬉しかったです。
ありがとうございました☆
またお待ちしています。



  • posted by ミモザ 
  • URL 
  • 2013.06/20 14:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
イタリア人の彼とローマに住んでいます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

トスカニーニ歌曲集

私の歌声がCDに収録されました!

FC2カウンター

にほんブログ村

楽天

楽天

げん玉

お小遣いサイト

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。