ミモザのイタリア生活:準備

ミモザのイタリア生活

ローマとブラティスラヴァを行ったり来たりしています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備

彼と和解しましたが、電話でお互いの気持ちを確認したくらいでしたので、今までの頻繁に起こっていた喧嘩の原因を追究すべく、日記を読み返してみました。

1.お互いの意見の相違
2.私の散漫な注意力で何かしでかしたとき
3.何度もイタリア語が聞き取れなかったとき(難聴ということもあり、彼の理解が必要)
4.私のコンピューター依存(ストレス解消だったゲームは彼の怒りの原因に。。)

彼がイラついて、喧嘩になるパターンが多いのですが、大まかな原因は1番と4番でしょう。。
意見の相違というのは人種の違いも多いにあると思います。
掃除、洗濯、アイロンがけなどの家事はやっているのですが、昼食はイタリア料理なので彼が担当。
夕食は私が準備していましたが、彼ママがいたので殆ど出かけず内のなか。。となると、どうしてもコンピューターを使ってしまっていました。

”日本語使用のコンピューターばかり弄っているからイタリア語が分からないんだ!”とよく言われていましたが、分からないのは難聴のせいであって、イタリア語が理解できないのではないんです。
TVは生放送だと、よく聞き取れるのですが、映画など録音されているものは音質が悪いのか、そんなものなのか、よく聞き取れません。よって、話の展開に大事なところは彼に聞いているのですが、それでも心から楽しめません。棒読みだったら分かりやすいのですが、結構録音状態が悪い上に、イントネーションが激しかったりして分かりづらい。。

今はリハビリを兼ねてイタリア語の字幕付きのものを見るようにしています。
瞬間で先読みしてから台詞を聞く。こういった地道な訓練で普通に聞こえるようになるといいのですが。
ちなみに補聴器は今のところ考えていません。

彼と和解した時点でゲームは削除しました。私の不注意で起きていた喧嘩は、もっと慎重にすることで解決しますし、彼があまり好意的に思っていなかった”日本語使用のコンピューターばかり弄っている”も必要最小限に使うようにしようと思います。

幸いイタリア語の生徒さんが少し増えて、その準備などもあり、イタリア語に触れる機会も多くなりましたし(イタリアにいながらこう言うのも変ですが、一人暮らしの今、人とイタリア語で話すという機会がとっても少なくなっています。自分から連絡すればいいんですが、とてもそんな気にならなかったんですよね)、時間があるのでイタリア語の本を読んだりしています。

電話では言えない、このいろんな気持ちをメールに書いて彼に送りました。
唯一私が彼に要求したのは、

”パルマでも日本でも行けよ!”

と言わないでほしいということ。
こう言われてしまうと、もう私の顔なんて見たくないだと思い、”ああ、そうですか、だったら出て行きます”となりかねない。
それで、今までも5,6回はトランクに荷物を詰める羽目になりました。
私も頭が固いので。

これからも喧嘩はするでしょう。
そうなった時に、いかに落ち着いて問題を解決していくか。
お互いに感情的にならずに、いかに冷静に対処できるか。
そこに掛かっていると思います。

この5ヶ月で、私の中で彼を消滅させることはできませんでした。
嫉妬は消せないし、別れても彼の仕事の手伝いができるのであれば、無償でやる心積もりもありました。
”私は彼の家族の一員じゃない!”ってよく彼に言ってましたけど、
すでに気持ちの上では、私の夫であり、かけがえのない存在になっていることに気づいたんです。

これからどうなるのか分かりませんが、気持ちの上では大きな変化があったので、私たちの関係も違ったものになっていくと思います。


ランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
br_decobanner_20100325213945.gif   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

Comment

無理しないで下さいね 

私はいつもオットから言われますが、「無理は続かない。自然体が一番いいよ」らしいです。

夫婦といえども遠慮なしじゃケンカになりますよね。
遠慮はしないけど、お互い気は多少なり使って生活していると思います。私たちは子供もいない夫婦なので、一生仲良くしていたいから、相手の気持ちがよくなるように、お互いが気をつかって共同生活しないといけないのでしょうね。気遣い=愛かもしれませんね。

私もケンカたまーにしますけど、私のほうからごめんなさい。と折れます。(ホンキデ、ワルイト オモッテナクテモ・・・)

自分の機嫌は自分で取るのです。ずっともやもやしてたくないのでね。

ミモザさんは聡明で思慮深い方だと推測します。

でも、私たち女性はホルモンの関係でイライラしたり、気分がうつになったりしますよね。(コウネンキやセイリやら)
私それとなくオットに話します。もうすぐセ○リだから腰が痛い…とかコウネンキは気分が不安定になるみたい。とか…今からそれとなく情報は送っています。
無駄に衝突したくないから予防線を張るのです。

ミモザさんの彼は病気の時も看病してくれたり、頼りになる、やさしいかただなと感じます。マザコンの男性は妻(彼女)にもやさしいと聞きますものね。

パソコンは程々の時間しか触れないと思いますが、イライラしたり、彼ママに対する思いは直接言わず、こちらに吐き出されては・・・?文字にすると少し落ち着くと思いますよ。くれぐれも独りの時間の時に!

自分を客観的に分析されているミモザさんなら、彼の気持ちもすぐに読めるのではないでしょうか?

お幸せを祈っています。


PS・ダイエットのアドバイスありがとうございました。何度も自己流で落としてきましたが、リバウンド⇒ダ   イエットの繰り返しで、年と共になかなか減らなくなってきています。でもあきらめず続けます。食事半   分やってみますね。(強い意志が必要ですね)
  • posted by maria 
  • URL 
  • 2013.06/23 16:29分 
  • [Edit]

mariaさんへ 

mariaさんの一言一言に納得しながら読ませていただきました。
ご主人が仰る「無理は続かない。自然体が一番いいよ」は私の理想です。でもそうしているのですが、ここに遠慮というものがお互いにないので、衝突してしまう。
性質が悪いことに、お互いに頑固ときているのでどこまでも果てしなく加熱してしまいます^^;

イタリア映画の激しい喧嘩のシーンを見ていて、「すごいなぁ。外国人は激しい。。」と思っていた私ですが、20年もいる間にすっかり私もイタリア人の仲間入りをしてしまったようです(悲)。
言ってはいけない一言というのは、イタリアにはないのかもしれません。それで何度も傷ついたりしてきました。

お互いに冷静になった時に、反省会もいいのかもしれません。というか、傷ついたのならきちんと伝えなくてはいけないと思います。

mariaさんは賢いですね。
自分の方から謝れるのですから。
結局私も私のほうから謝りますが、それはとことん行った最終段階のことで、それまでには疲れ果ててしまいます。

ホルモンの関係!ハッとしましたよ。
そうですよね~多いに関係していたと思われます。
それとなく彼にも承知してもらっておいたほうがいいですよね。

なんだかmariaさんに私の気持ちを悟られてしまったいるような気が。。
彼との生活が始まったら、いっそのことブログ名を変更して、私たちの国際恋愛の行方(復縁)を記事にしていこうかとも考えていました。
それだけ、今までの私たちの関係は上手くいってなかったんです。
これからも前途多難と思いますが、今までとは違う関係を作っていける!と信じて頑張ります。

もう1つのダイエットをご紹介しますね。
私の恩師がやっていたのですが、18時以降何も食べないという方法です。別に食事制限はないそうですが、これだけで10kg以上は痩せられました。
ご主人がいらっしゃるから難しいかもしれませんね。
  • posted by ミモザ 
  • URL 
  • 2013.06/24 05:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ミモザ

Author:ミモザ
イタリア人の彼とローマに住んでいます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

トスカニーニ歌曲集

私の歌声がCDに収録されました!

FC2カウンター

にほんブログ村

楽天

楽天

げん玉

お小遣いサイト

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。